Londonに大学院留学 〜 She is a tomboy or a lady ? 〜

Queen Mary Londonに院留学をし、大手消費財メーカーでマーケターとして働く女子が、最新のロンドンと留学について語るブログ

秋学期の授業詳細❶

前回の記事で、私のコース、Queen Mary, University of Londonの秋学期スケジュールをざっと見たので今日は詳細を。月曜と火曜の授業から紹介いたしまーす!

 

———————

•Monday

- BUSM 024 International Marketing Communication 11:00-14:00 (3h)

 

•Tuesday

-BUSM 044 e-Marketing 11:00-13:00 (2h)

————————

 

まずMondayの
“BUSM 024 International Marketing Communication”ね。比較的ゆっくり始まって(11:00-14:00)3時間ぶっ続けのクラスです。

 

【内容】

Marketing Communication って…?と最初はなるかも知れませんがつまりは”広告!”のクラス。授業内では世界各国の広告やcmを扱いました。(タイのcm多かった)。その広告からmarketingの各theoryを学ぶという授業の構成だったな。

 

3時間続きなのは、セミナーも授業内に組み込まれていたから。通常は前回の記事でも紹介した通り、

 

2時間授業+1時間午後のどこかでセミナーなのですが。

 

ちょうどお昼時間とかぶるのでランチを食べながら授業をみな受けていました。

 

【課題】

この授業はテストなし。

授業の課題はグループ発表1つと2つのエッセイでした。グループ発表は楽しかったな笑

自分たちで仮想のブランドを作り、そのテレビCMを実際に15秒間のビデオを作成して発表します。

 

私たちはドレスレンタルのブランドを作成。ロゴやコンセプトなども考えて実際にcmのアイディアも練って撮影。笑 ロンドンの10月、もうコートを着込む寒さの中、薄っぺらいドレスを着ての撮影は寒かった… 笑 

 

f:id:tubutubuanco:20180322125123j:image

 

ロンドンの巨大モール、westfieldで撮影に使うドレスや衣装を探したのも楽しかったな 笑

 

f:id:tubutubuanco:20180322125130j:image

 

2つのエッセイは、これまた自分の気になるインターナショナルブランドを3つ選び、そのブランドが成功したと思われる広告キャンペーンを習ったtheoryと照らして分析するというもの。

 

私はLASHとSnickers、そして愛する自然派チェーンカフェPret  A Mangerをチョイス。

f:id:tubutubuanco:20180322125546j:image

 

それぞれの広告がどのように消費者に彼らのコンセプトを訴えているのか研究しました。

 

——————————

続いてTuesday!
“BUSM 044 e-Marketing”

イタリアの方出身の先生でアクセントがなかなか難しかったけど、IT×Marketingを色々考えさせてくれる授業でした〜(11:00-13:00) 2時間のクラス後、午後の1時間セミナーの通常構成タイプです。

 

【内容】

つまるところ、Web, Social networking (日本でいうSNS), search engine…etcなどITが出てきてMarketing はどう変わった?どうする?って内容。背景的なところから、web marketingの基本、口コミやITの知識まで踏み込んで学べました。

 

【課題】

この授業もコースワーク採点のみでテストなし。2500wordsのproject essay, 1500wordsのconceptual essay, 1つのプレゼンテーションが課題でした。

 

まず最初に1つのブランドを選んでそのWebサイト分析、モバイルプロモーションなどを分析、考察、みたいなのをproject essayにしてプレゼンをします。そこで先生が疑問に思ったこと、関連のある課題やトピックスを提示してくれるので、それについて新しいブランドをチョイス、分析してconceptual essayを書きました。

 

就活と冬休みと被っててconceptual essayは死にそうになりながら3日くらいで書き上げた記憶ある… 笑 ちなみにproject essayはSnickers, conceptualはNIKEなどを選んで書いたな!

 

Snickersのプロモーションすごいのよ!

オーフトラリアでの"You’re not you when you’re hungry"キャンペーンがあって、口コミ×IT technology × 地元活性化のプロモ。

 

f:id:tubutubuanco:20180322125558j:image

 

ざっくりいうとTwitterでネガティブな口コミが増える分、Snickersのチョコレートが安くなる!(詳しくいうとSnickersの割引クーポンが発行される)、そこで発行したクーポンを地元のseven elevenに持っていくとお得にSnickersが買えるの。

 

IT Technologyがweb上のネガティブコメントを判断するんだそう。

“怒った時はチョコだよね?♡”っていうプロモをしたいSnickersのなんだかハッピーになるキャンペーン。

 

この授業で思いっきり発表できてスッキリしました 笑 (成績はイマイチだったけど 笑 )

 

とまあこんな感じで残りの授業も紹介します!

 

chao !