Londonに大学院留学 〜 She is a tomboy or a lady ? 〜

2016-17年Queen Mary Londonに院留学をする女子の毎日がEveryday

考えたこと

今実は、ロンドンから離れ、旅行に来ています。(後々詳しく書きますが)

一人旅。

 

 f:id:tubutubuanco:20170419002756j:image

 

バスで移動中で時間があるので、窓からの景色を見ながらふと考えたり思ったことを

今の院留学の現状もまじえ、書いてみようと。

 

残りあと3週間で日本に帰国です。

実は、変なのですが5月に一時帰国。そして6月にもう一度ロンドンに戻り、

6下旬に完全帰国、という日程になりました。

 

こんな中途半端な、一時帰国を許してくれた親に感謝なのですが。

まずテスト終わりに気分転換に、自分へのご褒美に思い切って帰ってしまおうと思ったこと、周りの友人もこの時期一時帰国していること、

そして、5月11日に私のすべてのテストが終わるのですが、5月末まで大学がテスト期間で誰かと会う、遊ぶとかよりもロンドンぶらぶら、また海外旅行と変に時間とお金を潰してしまいそうに思ったというのもあります。

 

すごく贅沢なこととは思うのですが、隣の芝は青いと言うように、ロンドンにいるとロンドンが日常になってきてしまって、日本の生活、便利だな〜と感じるようにもなっていて。

 

いつの間にですが、ロンドン時間が早く過ぎるようになってきました。

 

前、友人とも話していて「あいこは、ロンドンで就職したいとは思わないの?」と聞かれ、日本で働くことが当然だと思って就活をしていたので、すこし自分の気持ちを説明するのに時間がかかりました。

 

「なんか、ロンドンでの生活、経験はもうお腹いっぱいなんだよね」「日本っていう文化が好きなんだよね」

…とその時最初は答えましたが、よーーーく考えると

 

私がこだわっているのは、「人」なのかなと気づきました。

 

友人、家族、恋人、先輩、恩師、ライバル、、

いろんなタイプの人間関係はありますが、私はそんな切っても切れない関係が比較的海外より日本に多いです(純ジャパなので当たり前ですが)。

 

でも、そんな中、これからもずっとずっと死ぬまで付き合って生きたい仲間がいる。

ただ単に、1人で生きていく覚悟が出来てないのかもしれませんが、ふとそんな風に思いました。

 

自分の「夢」を追いかけることは大事。

周りに左右されない、自分を持つことは大事。

 

でも、やっぱり世界中のどこにいっても

私は自分の夢を、自分の大好きな人たちに囲まれて、大好きな人たちのアドバイスを聞いて、

みんなが幸せそうな顔を直に見ながら叶えたい。どうしてもそう思ってしまう。

 

恥ずかしいけれど、夢は沢山あります。

お庭のある家に住むこと。 

自分の本を出版すること。

カフェを開くこと。

自分でビジネスを作ること。

成城石井でたまに買い物できるステータスにはなること。

海外旅行は年に2回したいこと。

面白いこと(わくわくすること)を考えること。

 

…こう書くと欲ばっかりですが、

全てに言えるのは、

世の中の人々が少しでも幸せな気持ちになるために、役に立てることを生み出して、そこに、

私がいる意義を見つけ出したい。

ってことなのかもしれません。

 

最終的には自分を見つけ出したいっていう欲にまた繋がってしまいますが。笑 

 

こんな、なんか心に思い浮かんだことをまとめることもなく、徒然に書いてしまいましたが、

今回の旅はそんな色々考えるゆったりな旅の設定なので。

 

残りのロンドン生活も色々書こうと思います。

 

Chao !