Londonに大学院留学 〜 She is a tomboy or a lady ? 〜

2016-17年Queen Mary Londonに院留学をする女子の毎日がEveryday

Edinburgh 旅行❷

旅行2日目。

昨日は11時には寝たので朝から元気もりもり!

 

f:id:tubutubuanco:20170306090426j:image

 

とても女の子らしい部屋で可愛かったなこのホテル。朝にははい!チェックアウト〜

 

そして向かった先。朝ごはんが有名なカフェ!!

 

f:id:tubutubuanco:20170306090531j:image

 

Loudons Cafe and Bakery ! 

 

f:id:tubutubuanco:20170306090626j:imagef:id:tubutubuanco:20170306090632j:image

 

フレッシュオレンジジュースと店員さんオススメのサーモンとアボカドのエッグベネディクト

 

スモークサーモンとオーランデーソースは少し酸っぱめ。でも重たくもなくぱくっと食べれてとっても美味しい!

 

 f:id:tubutubuanco:20170306091234j:image

ゆなぽんはフレンチトースト!

 

f:id:tubutubuanco:20170306090911j:image

 

そのあとは歩いて歩いて

 

ついにキャッスル!!

 

f:id:tubutubuanco:20170306090936j:image

どーん!迫力満点!!

 

 f:id:tubutubuanco:20170306091248j:image

チケットをかって早速城内さんさく!

 鉄砲を発見。

f:id:tubutubuanco:20170306091000j:image

 

とりあえずこういうのをみると撃ちたくなる

 

f:id:tubutubuanco:20170306091436j:image

 

このあと戦争博物館、昔の牢獄、お土産ショップなどなど見て終了。

 

f:id:tubutubuanco:20170307081256j:image

兵隊にもまたなった。

これあると、入りたくなるよね〜 

 

ちょーっと寒い中歩きすぎたかな?

その後、クリームティ休憩をはさんで〜

 f:id:tubutubuanco:20170307081344j:image

 

外に出たらめちゃ晴れとる…!! 

 

f:id:tubutubuanco:20170307081408j:image

 

快晴!!

 

 f:id:tubutubuanco:20170307081415j:image

 イギリスはどこでも気まぐれ天気よね〜 

 

その後、街を見下ろせるCalton Hillへ

 

 f:id:tubutubuanco:20170307081605j:image

 きゃーやっぱり素敵!

他人のカップルを素材に使う。

 

f:id:tubutubuanco:20170307081600j:image

 

広大…!! 

 

すごく小さな悩みも吹っ飛んじゃう感じ。

 

f:id:tubutubuanco:20170307081857j:image f:id:tubutubuanco:20170307081911j:image

 

パルテノン神殿みたいなモニュメントをバックに。街を見下ろす形で写真をぱちり〜 

 

f:id:tubutubuanco:20170307081934j:image

 

ここは城の中でも綺麗な誰かの部屋。

誰だっけな?笑 ジュエリーショップの隣。

 

その後、私たちは帰路に〜

 

あっという間すぎ!エディンバラは北だし寒いだけで田舎なんだろうなぁって思ってた自分が恥ずかしい!!ロンドンより果たしたら好きになっちゃったかも。。

 

それだけ、おすすめの街!!もはや外国感を味わうような、自然の広大さ、絶景好きは絶対好きな場所です!!

 

ゆうなちゃんはニューカッスルで電車を降りて行きました〜

 

私は電車その後遅延し、

帰宅は夜中の1時半。涙 

 

まあ、夕方までたくさんエディンバラを満喫できたからいいかな!

 

Chao ! 

 

 

 

 

Edinburgh 旅行❶

 

今週は東京から友達が!

週末かけてEdinburgh にshort tripしてきました〜 

 

f:id:tubutubuanco:20170306071505j:image

 

エディンバラわくわく。

 

 

朝4時起きしKing's Crossから

6時発のVirsin Railでスコットランドの主要都市、Edinburghへ。

 

とにかく眠い。

 

f:id:tubutubuanco:20170306071541j:image

 

ただ、私達はここぞとばかり

First Classを指定。

4時間の長旅になるので電源Wi-Fi付き。

無料で食事、飲み物サービス。

スペシャルシート使用。

 

Standard Classよりは£50増しだけど

こちらに指定する価値はありあり◎

 

真っ暗な夜明けに出発し、

徐々に明るくなる窓からのイギリス田舎町の景色はなんとも言えないくらい美しい。

 

 f:id:tubutubuanco:20170306072056j:image

 電車が速すぎでぶれぶれ。

そして実は向こう側は海!!

 

午前11時過ぎ、エディンバラに到着。

f:id:tubutubuanco:20170306072222j:image 

やっと着いたー!!

 

f:id:tubutubuanco:20170306072620j:image

 

おおー意外とそんな寒くない!

けどとってもfoggy 笑笑 

 

f:id:tubutubuanco:20170306072156j:image

 

歩いてホテルまで行き、荷物を置いて

さぁ、まずはお昼ご飯!!

 

 

 f:id:tubutubuanco:20170306072423j:image

 

Edinburgh Larder。

人気カフェというので行ったけど

まぁ、普通のカフェだったな。笑 

デリプレートを注文。

とってもヘルシーな一皿。

 

そして主要ロードRoyal Mile !! 

f:id:tubutubuanco:20170306072650j:image

アダムスミスの像

f:id:tubutubuanco:20170306072657j:image 

お土産さん、パブ、アパレルショップが並ぶ。

f:id:tubutubuanco:20170306072710j:image

教会みたいなところで土曜だからMarketやってました!アクセサリーとか可愛い〜 おしゃんな雰囲気。

 

f:id:tubutubuanco:20170306072849j:image

その後エディンバラ城の横をぷらぷら

この霧に隠れて城が…!!

 

 f:id:tubutubuanco:20170306072912j:image

やっぱりなんか風情ある〜

 f:id:tubutubuanco:20170306072856j:image

 ロンドンにはない荘厳さ重厚さ。

 

その後、エリザベス女王が休暇に過ごすというかの有名な、ホリールード宮殿へ。

 

f:id:tubutubuanco:20170306073338j:image

 

ブラッディメアリーの歴史も学べたなぁ〜

 

f:id:tubutubuanco:20170306073407j:imagef:id:tubutubuanco:20170306073414j:image

とにかく、美しい宮殿。

こんな所で休暇を過ごすなんて、、

広すぎでリラックスできなそうだ 笑

 

f:id:tubutubuanco:20170306073518j:imagef:id:tubutubuanco:20170306073530j:image

見所満載。日本語オーディオを借りて詳しく説明が聴けます。とりあえずオーナメントと肖像画多めな室内でした。

 

f:id:tubutubuanco:20170306073652j:image

 

ショップでお買い物。ロイヤルファミリーに近づけるようまずは、Tea setから揃えよう。

 

f:id:tubutubuanco:20170306073730j:image

 

女王を守る兵隊たちの気持ちも分かろう。

兵隊になってみる。

 

 

そんなこんなでゆっくりぷらぷらしているうちに真っ暗に。ホテルに戻り仮眠をとってその日は夜ご飯を食べて早めに寝ました。

 

f:id:tubutubuanco:20170306073956j:image

 

ホテル近くのFirst Coastでスコティッシュステーキを頬張る。むちゃ肉!!

 

幸せ!!

 

Chao ! 

 

 

 

 

Queen Maryに進学して良かった点•微妙な点

 

質問を頂いたので。自分が学生として半年以上暮らしてみてQMに対して感じたこと。

 

f:id:tubutubuanco:20170303195708j:image

良かった点だけだと、クリティカルではなーい!と先生に言われてしまうと思ったので

微妙に感じた点も書きます。

  

【QMで良かったなと思う点】

これに関しては様々ありますが、

 

❶授業
ロンドン大学の中で比べると、比較的授業への力の入れ方ですね。他の大学の修士だと、週1〜2コマにセミナーというのがざらですが、私、またQM友人の他のコースも週4コマは必ずあります。

また、それぞれのクラスでも、グループワークや実践的な課題が多く、Readingとessay来週まで!とかではなく
必然的にクラスメートと交流し議論して作り上げていく課題が多い気がします。

f:id:tubutubuanco:20170303200742j:image

そして

❷大学のキャンパス
私が知る限り、QMはロンドン内で唯一の大学らしいキャンパスを保持している大学です。笑 LSE、KCL、UCLを見に行きましたが、公共の道路を挟んで次の授業のクラスや、オフィス街に佇む一つのビルがキャンパスなどです。
私は昔都内で大手の予備校に通っていたのでその時のような感じがしてあまり馴染めませんでした。 笑

 

かわってQMですと、キャンパス内に川が流れて緑があったり、友人と学内のテラスでランチを食べたり…etc しっかりとキャンパスの境界(囲い)があり、その中に学部ごとの建物があったりなど、のびのびとschool life満喫できます。

また、大学内に寮があるのもQMだけなのでは!とも思います。

 

❸Natinality
QMはまた日本人が非常に少ないです。笑
私が知る限り学部生、修士生合わせても10人ほどです。
私のmarketingのコースも80人ほどいますが、私が唯一の日本人です。笑 これは英語力向上からみても非常に恵まれた環境だと思います!

 f:id:tubutubuanco:20170303202629j:image

 

❹大学周辺

ここは、みなさんネックになるとこなのでは。

そうです、East endに大学があります。西側が治安がいい、裕福…と言われるロンドンで、あえてなんで東に…移民も多いしテロも心配…と いう人も多いとは思いますが、実際私、純日本人女子大生が暮らしてみて。

 

大丈夫です。

 

確かに、移民多くてイスラム系の人、インド人多いです。大学の周りもイスラム教徒が食べられる料理、ハラルを扱うお店、フライドチキン屋、中東料理屋、インド料理屋、スパイス屋、ばかりです。

 

初めて来た時、ここ、ロンドンかって思っちゃうくらい。レンガの建物とかどこーって。

 

ただ、メリットとして食材費安く買えます!

そして、アジア食材が手に入りやすい!街中だとやはりサンドウィッチ屋さんなどはありますが、Chinese Townまで行かないとアジア系食材は簡単には手に入りません。

ここでは、パクチー、オクラ、大根、白菜、エノキ、などなど。毎日買えます 笑 

f:id:tubutubuanco:20170303202716j:image

【QMで微妙かなと思った点】

 

❶図書館が学生数に比例してない?

とにかくテスト前などは人で溢れる図書館。

個人の机や電源、カフェと設備は良いですが、たまに、席探して時間がかかることがあります。もっと大きい図書館だったらとたまに思います。

*2017年春から新しくパソコン部屋とさらなる自習スペースが出来たので結構改善されました!また、最近は新しいビル、施設がどんどん建てられていて近代的なカッコいい大学に近づいている模様。

 

❷ロンドン中心地まで微妙にある。

Central Line, District Line, Harmersmith Line..と様々な線が通っているMile Endですが、中心のオックスフォードサーカスまでは25分ほどかかります。

f:id:tubutubuanco:20170303202926j:image

そんな毎日中心地までは行きませんが、これから集合ー!ってなった時、一番遅れてくるの必須ですよね。あと夜遅くなると電車がなくなるのでUber使用率高めになります。

 

ただ、一つ考えを変えれば、観光でも行けるような中心地から外れた、普通はいかないMile endに本拠地を持てるというのは、よい機会!とポジティブに捉えることも可能◎ 

 

しかもTime outにも出てましたが、最近はEast End はキテいるエリアだそう。サブカルやポップ、外来からの影響を受けたcultureがLondonerにも浸透しつつありますよ〜〜 

 

❸他のLondon大学と比べて日本人学生の集まり会でも少数派

 

これは否めないですね。QMは先ほどいったように日本人が少ないので語学向上!異文化バンザイ!ならいいのですが、日本学生が集まるようなロンドンのパブ会に行くと、QM生は

その希少性に驚かされます。

 

「え!?QM なの!?初めてQMの人あったかも」ってロンドン大学なのに必ず聞かれます 笑 

 

 

 

まあ、まとめるとこのような感じですかね。

他のロンドンの大学で学生を経験したことがないため、多少、というか概ね、私の一方的な視点から見ていますが、

 

これからロンドンに留学する人や Mile end辺りのことが知りたい人などには参考になるのではと思います(: 

 

Chao ! 

 

最近。ロンドンで習い事。

実は、

今年からアロマセラピーの教室に通ってます〜 

 

f:id:tubutubuanco:20170301003959j:image

 

実は、イギリスにはアロマの資格が学位として取れたり、専門のスクールがあったり、

アロマセラピーの発祥の地!

 

…と言いたいですが(と私は思っていた)実は

フランスが発祥でイギリスで爆発的にぶわあっと人気になったそう。

 

それに、私は来年からとある消費財メーカー(シャンプー洗剤など)のマーケターとして働く使命(また詳しく書きます)もあるため、少しでも香りや効能に詳しくなっておきたい!

 

そして、先生は日本の方なので、ロンドン駐在妻の方々ってどんな人がいるんだろう…?という理由も加わり… 

 

とにかく始めよう!!とmixbというサイトで見つけた募集に応募し学び始めました!

 

 

f:id:tubutubuanco:20170301004158j:image

 

教室ではアロマの効能から調合法まで

幅広く!学んでいます。

 

また、先生がオーガニックloverのせいか

いつも熱く、放射能原発の危険性、

アンチファストフードの話、そして息子さんの話まで…

 

本当に、とてつもなく幅広く!

 

学んでます 笑 

 

f:id:tubutubuanco:20170301004212j:image

 

私も気になる香りを選んで調合〜

 

f:id:tubutubuanco:20170301004516j:image

 

ダイアナ妃も好んだというネロリのエアプレッシャーと、乾燥肌に良いオイルベースのアロマを。

 

ネロリはストレスに効くそう。ダイアナ妃もそりゃあストレスフルな生活をしてただろうな。

 

私は課題だけでひーひー言って

ネロリに手を出すくらいなので免疫低め。

 

f:id:tubutubuanco:20170301012739j:image

 

最後は先生おすすめのお茶とお菓子でtea time

 

cupの花柄が素敵。

どちらで購入されたのですか?おほほ

 

みたいな優雅な昼下がりで毎回締まるアロマセラピーの教室なのでした。

 

 Chao ! 

 

【保存版】ロンドンのカフェチェーンまとめ

東京にドトールやスタバがあるように、ロンドンにも使い勝手の良いチェーンのカフェがあります〜

  

f:id:tubutubuanco:20170213212932j:image

 

実は。

 

前期のMarketingの授業(Marketing theory and concept)で、ロンドンカフェチェーンの1つ "Pret A Manger"のビジネスモデル&日本進出のビジネスプランを考えるプロジェクトを行ないました。

 

その時の競合他社研究の知識からロンドンカフェチェーンに詳しくなったので今回さらっと紹介してみようと思います〜 

 

ちゃんと大学で学んでいます (強調)

 

留学中は、友達と待ち合わせに使ったり、勉強カフェとして使ったり…

 

また、旅行でロンドンに来た人もWi-Fiや電源目的に…

 

ロンドンカフェチェーンは様々な用途に使えると思うので、すこし知っておいてもいいと思います〜 (: 

 

 

【ゴリゴリの珈琲代表café3社】

❶COSTA

❷Café Nero

Starbucks 

  

それぞれのカフェのタイプやら雰囲気を紹介!

 

まず、ゴリゴリの珈琲代表café3社。

さすが多国籍UK。caféチェーンはそれぞれお国柄があります。


❶COSTA

f:id:tubutubuanco:20170214010747j:image

スペイン系caféチェーン。スペイン語で"海岸"の意味。赤っぽいエンジっぽい色が特徴のカフェ。café Neroと並んで一番よく見るカフェ。

店員さんもラテン系多めで明るくノリがいい。笑 

 

<Drink & Food>

牛乳のミルキィさを出したcaffè e llatteやFlat White が特徴的。量もたっぷりでコスパ良し◎

マフィンやケーキなどのフードメニューも充実しているが、甘くてあまり日本人好みじゃないかも。

 f:id:tubutubuanco:20170214010758j:image

<Wi-Fi+充電>

店によって異なるがソファ席や壁越しの席には電源が多め。Wi-Fiはメールアドレスを登録してO2Wi-Fiが無料で使える。勉強している人、友達とぷらっとよって使う人様々な用途あり。


❷Café Nero

f:id:tubutubuanco:20170214010819j:image

イタリア系caféチェーン。イタリア語で"黒"の意味。店の柄は青いのになぜか黒。COSTAと同じく同じく空港に併設されるほど英国で有名なcaféチェーン。ちなみに英国caféチェーン人気度2位を取得したことがある。

 

 f:id:tubutubuanco:20170214010835j:image

 

<Drink & Food>

コーヒーは流石のイタリア仕込み。エスプレッソ強目です。カフェラテにダブルショットが入るのはNeroだけかも。

f:id:tubutubuanco:20170214011734j:image

私の好きなflat whiteも通常は比較的クリーミーなコーヒーだけど、こちらではビビッとエスプレッソが強め。必ずレジにイタリアの菓子ブランドローカーのウェハースが売ってる。笑 コーヒーに合う合う〜 

 

f:id:tubutubuanco:20170214011332j:image

 

他社より値段も挑戦的で、チェーンだけどチェーンならぬ、拘りの一杯を提供する街の珈琲店のようなcaféチェーンを目指しているそう。 

 

<Wi-Fi+充電>

Wi-FiはThe Cloud Wi-Fiが使えたはず。Pretと同じWi-Fi。店内は落ち着いたリビングのようにシックなソファやテーブルがある。店舗によって電源数は限られてるいるが、ホルボーンなどのビジネス街のは結構充実してた。


Starbucks 

f:id:tubutubuanco:20170214012104j:image

もはや知らない人がいない世界展開する王道caféチェーン。ただし、UKでは人気caféランキング最下位。アンチアメリカコーヒーか、はたまたブリティッシュジョーク的なところか。

 

<Drink & Food>

珈琲は他店に比べるとエスプレッソ弱め、牛乳のクリーミーさ少なめ。と感じてしまう。イギリスの他社のレベル(コーヒーのレベル)が高いのか、それとも他の人気ゆえ、こちらの質が落ちたのか。アメリカにいた時はheavy userだったけど、今はあまり使わないなあ〜

イギリスは良質なcaféチョイスが多い気がする。

 f:id:tubutubuanco:20170222100456j:image

また、だいたいどこも同じフードメニューは多いけど、UKのものはポリッジと呼ばれるイギリスおかゆなるものが、あります。

 

小麦のどろどろバージョンというので、アメリカのオートミールよりは美味しい。食べていると一瞬お粥を食べているのでは。。と感じるくらい素朴なお味。

 

 <Wi-Fi+充電>

もちろんWi-Fiや充電はあり。ただ、充電は大きい相席テーブルか、窓際の席などしかない場合も。日本のようにStarbucks Wi-Fiがあるところもあるけど、基本The Cloud Wi-Fiだった気が。

 

 

それでは、続いてご飯と珈琲の間の子café2社。caféだけど美味しいご飯も提供してるお店たち。軽いランチやコーヒーにあう食事が豊富。

 

【ご飯美味しい代表café2社】


❸Pret A Manger

f:id:tubutubuanco:20170227055554j:image

私の研究したお店。Pretのadverts研究やbusiness plan構築などしました〜個人的にNo. 1に好きなカフェファストフードかな〜 

 

店名はフランス語で"召し上がれ"の意。フランス語ですが、創業者は2人のイギリスの学生。手作りのサンドウィッチを学生街で売り始めたのがきっかけ。今ではイギリスのコーヒーチェーン人気No. 1を誇ります!

 f:id:tubutubuanco:20170227055557j:image

凄いところは、商品全て店内にある小さなキッチンで毎日作られてること。また、残り物は全て近隣のホームレスに提供するという、太っ腹なCSR活動をしてます〜 

 

<Drink & Food>

f:id:tubutubuanco:20170227061200j:image

もちろん毎日手作りなのでどのチェーンよりもフレッシュで美味しい!(: 

ちなみにサンドウィッチは小食な日本人にも嬉しいハーフサイズあり。話題のCold pressedジュースも4種くらいあり、健康に一番気を使ってるカフェだな〜 

f:id:tubutubuanco:20170227061204j:image

 

コーヒー豆もOrganic coffeeオンリーで扱ってるのはここ!ここだけ!◎

 

<Wi-Fi+充電>

もちろんWi-Fi完備。O2Wi-Fiだったはず。

ただし店舗によっては充電が少なめ。ビジネス街だとサクッとランチに食べに来て仕事に戻るビジネスマンをターゲットとしてる為かな。

 

Tottenham Court Road〜Goodge Street間にあるPretは大きくて学生が勉強に利用してましたん


❹EAT

 Pret の後を追っかけて始まったフードに力を入れてる系カフェ。 自然派で添加物を使わないものにこだわってる模様〜

 f:id:tubutubuanco:20170227062426j:image

<Drink & Food>

Pretと違うところはAsia系メニューも豊富ということ。私の大好きなマレーシアのLaksa(カレーココナッツ麺)やベトナムのチキンフォー、日本からは餃子麺?なるものもあるある。

 f:id:tubutubuanco:20170227062429j:image

かと言ってサンドウィッチがないかと思えばある。サラダはもちろん、イギリスの伝統的なBeef&Aleというパイまである 笑 

 

しっかりお腹にいれて食べたいのであればPretよりEATかな。こちらの方がこってりとしたメニューが多いイメージです!

 

という感じで長く書いてしまったので

これまで。私も勉強カフェにチェーンはハシゴをするので、また開拓があったら更新します!

 

もしオススメがあれば教えて欲しいです〜(: 

 

ではでは Chao ! 

 

 

Mallorca島 旅行❶

冬休みも終盤!

課題に追われてロンドンに引きこもりたくなーい!…と思い切って3日前にマヨルカ島の航空券をとっちゃいました。笑 

 

f:id:tubutubuanco:20170326064558j:image

 

薄暗くて寒いロンドンより、やっぱり私には太陽サンサンとした¡Hola!なスペインの文化が必要!昔お母さんの友達が行っててマヨルカ島良かったよ〜っといっていたので。

 

何も決めず、考えず、とりあえず航空券をとって1月6日〜9日までの予定は確保◎。

 

ロンドン、Stansted空港から約1時間半。 

 

f:id:tubutubuanco:20170326065003j:image

午後の便だったので軽く腹ごしらえ。

スコールラブ。

f:id:tubutubuanco:20170326065104j:image

謎のオレオキャラに免税品エリアで遭遇。

キャンペーン中だったそう。こんな顔してるんだ、オレオ。

ぱちり。

 

そして、着いたっーー!!ロンドンより若干暖かい!笑 

f:id:tubutubuanco:20170326064421j:image

海では泳げない気温だけど、普通に空広いし晴れてるし、スペイン語聞こえるし、、

最高だー!

 

f:id:tubutubuanco:20170326065407j:image

 

 f:id:tubutubuanco:20170326065519j:image

4時過ぎに着いたので街は暗め。ただ、イルミネーションがあちらこちらにあって可愛い!

 

f:id:tubutubuanco:20170326065503j:image

パルマの有名な大聖堂の前で。

閉まってたけど迫力ありあり。

 

夜ご飯はもちろん!

新鮮な魚介のディナーを♡

f:id:tubutubuanco:20170326065620j:image

港を見渡せるお洒落レストランでごはん!

待ってました〜 

 

f:id:tubutubuanco:20170326065748j:image

f:id:tubutubuanco:20170326065804j:image

f:id:tubutubuanco:20170326065818j:image

f:id:tubutubuanco:20170326065839j:image

有名な生ハムも頼んだ!ここの雰囲気がよ過ぎてついつい長居しちゃったな〜

Piña Colada美味しかった〜 

 

お店に入ったのが7時くらいで。

全然人がいなかったのですが、8時半を過ぎるとちらほらとお客様たちが。

 

あーー!そうだスペインは夜ご飯遅いんだ!

そんなこと思い出して、のんびりできた

1日目の夜。

 

早めにホテルにもどって休みました。

 

ちなみにホテルは

中央駅の目の前にあるホテル。

UR Palacio Avenida Adult Only hotel

 

名前がちょっとアダルティックですが、

いたって普通の、お洒落なホテルでした!

光が差し込む、白を基調とした雰囲気のお部屋はまさしく私好み!駅にも旧市街にも近いし、次来た時もここにしよう!と思えた素敵なホテルでしたよ (: 

 

朝の朝食ビュッフェを知らずに

逃してしまったのがショックです。評価も高いので次回は是非。

 

明日から島の北のほうに!

マヨルカ街もご飯も好きだ〜

 

 Chao ! 

London Halloween 2016 とクラブのこと

 

ハロウィンの時期来ました!

f:id:tubutubuanco:20170203180446j:image

 

授業もWeek 5に入りだいぶ中盤。

流れも読めて来て、慣れて来た時期。

 

ロンドン中でハロウィン関連イベントの

ポスターや装飾が。

 

ちなみにロンドンのハロウィンは本格的。

渋谷のハロウィンのように可愛いミニスカポリスなんていません 笑 

 

f:id:tubutubuanco:20170203181015j:image

f:id:tubutubuanco:20170203181214j:image

 

がちめにこういうのばっかり。笑 

 

 私たちも

f:id:tubutubuanco:20170206005707j:image

サムが紹介してくれたSouth Kensington のホテルでやっていたイベントに参加し。

 

まさかの50〜60代向けのイベントだと知り、

Thai Squre のクラブへ。

初めてのロンドンのクラブ…!

f:id:tubutubuanco:20170206005714j:image 

 

ここはアジア人、

特に韓国人が多くてびっくり。

f:id:tubutubuanco:20170206005401j:image

 

そのせいか、欧米人が来ていたハロウィンの派手な格好も、ここでは女の子も適度な感じで男の子はもはや普通の格好。

 

あとで知ったのだけど、ここは音楽を楽しみたい人にはあんまり良くないそう。現地の子のおすすめは、Ministry of Sound や KOKO, そしてTiger Tigerなどらしい。

 

f:id:tubutubuanco:20170211045224j:image

 

日本でクラブ行くというと真っ先に

"チャラい!"とか"遊んでるね〜"とか言われるけども、アメリカ、イギリスの双方の文化を経験した私としては、

 

外国では本当に"普通"だってこと。

 

チャラい人、学校で真面目な人、普通の人、関係なく皆クラブに行くし、もちろん、変な目的な人もいるかもしれないけれど、音楽や踊りをを楽しみに来ている人だって多数。

ある意味、エンターテイメント。

 

f:id:tubutubuanco:20170211045321j:image

 

カラオケ、ボーリング、ゲーセンとかと並ぶような感じのものってこと。

 

何歳になっても楽しめるし、ある意味、たくさん踊って運動して、健康にもいいのかもしれない 笑 

 

クラブのことだけじゃなくて、こっちに来てから、本当に先入観で物事を決めてはいけないって、心から思うようになった。

 

美味しくないからと飲まなかったビールはパブで初めて飲んで予想以上に美味しくて飲みやすくてびっくりした。

 

つまらないと周りがいっているPolitical Marketingの授業でも、取ってみると意外と面白くて。企業のCSRとは異なる、チャリティよりのMarketing活動があったりするってことを知った。

 

難しそうな政治や社会貢献活動に

近づけた感じがした。

 

そんなこんななハローウィン

3時過ぎまでみんなで踊り、

違うお店に移ろうとしたところ、

 

4時で閉店のお店多数。笑 

ロンドンのクラブは意外と健全と言うか、

微妙な時間に帰らすものが多いと知った夜でした 笑 

 

そんな私達は気がつけば 3 a.m.のチャイナタウンに。踊るとお腹が減るのです。

  

f:id:tubutubuanco:20170211043620j:imagef:id:tubutubuanco:20170211043706j:image

 

24時間営業の中華料理屋に入り麻婆豆腐やら酸辣湯麺やら、もりもり食べまくり。

美味しい。夜中の飯は旨い。

 

やってしまった 笑涙

ぷくぷく路線まっしぐら。

 

また、ご飯を食べると、人は眠くなるもんで。

その後そそくさと、Uberに乗って皆

それぞれ帰宅の巻でした。笑 

 

薄着で寒いし足痛いし、眠いし

お腹は変な感じだし…それでもやっぱり楽しいなっと思ってしまうハロウィンナイトでした (: 

 

P.S. ハロウィンの時期はこんな日々が

イベントがある毎に続きます。

体力と忍耐がつくつく。 笑 

 

Chao !