Londonに大学院留学 〜 She is a tomboy or a lady ? 〜

2016-17年Queen Mary Londonに院留学をする女子の毎日がEveryday

大学の最終成績!留学の失敗はどうにかなるもんだ ◎◎

授業の結果が大変大変、笑 遅れて私の元にも届きました !あ、写真は以前行った鎌倉。

 

f:id:tubutubuanco:20170726144401j:image

 

.......話は遡りますが、実はクラスメートは6月末にはメールで試験結果が届いてました。

Aiko, how was the results ??”

 

みんな聞いてくるけど、え、?私来ていないんだが...

 

1日後。.............まだ来ない、一人一人送ってるのかな?

 

3日後。.............え、なんか問題あり?いや、私の担当の人、夏休み中なのかもな。

 

1週間後。............これは、やばいいいいいいい

 

ということで

私は焦りに焦り、もしかして、Resit...? (追試)の可能性がありなのか?

それとも、試験採点中に何か問題があったのか...?

 

不安になりながら私の学部、Business Departmentの担当スタッフに

メールを打ちました。

 

 返信なし。

3通送るも返信ない。

 

Resit(追試)がなぜやばいかというと、私の場合、

まず、

1. ロンドンまでの航空券手配 (この夏休み真っ最中の一年で一番高い時期に)

 

2. ロンドンでの宿泊場所手配 (これまたホテル価格高騰中。仲の良いロンドンの友達は海外旅行中)

 

3.再度試験勉強 (卒論への不安に加え再試のプレッシャー・落ちたら留年不可避)

 

こんな負のループが頭を巡りにめぐり、

大学院留学なんて、しなきゃ良かったのか...

私は本当のバカだったのか....と落ちるとこまで落ち込む状態に一時、たぶん1日いや、半日なってました。笑 (たいてい、寝ると嫌なこと忘れます◎)

 

だがしかし!

おととい、友人から連絡が!

"あいこ!My SIS (QMの学生専用サイト・事務事項共有サイト)に最終的な成績出たよ!”

 

ぬぬ! 

 

でも私、試験結果自体、届いてないし、てかスタッフからメールの返信もないし、まだ最終的な成績なんてでてな.........

 

 

でてるーーーーー!!!! 笑笑

 

 

なぜ?笑

QMのアドミッション謎すぎやろ笑

試験結果、直接出さずになぜ私の最終成績決まってんねん 笑

 

とりあえず、恐る恐る上から成績確認。

1こめ、International marketing Communication.............passed !

 

よし!! 涙 今夜はすき焼き!!涙

 

........おっと早まりました 笑

 

あと9つ確認あるよ。

 

2こめ、E-marketing.............Merit !!! 涙

やった、よかった 涙

ちなみにこれ、卒論のアドバイザーさんのクラス。ふぃ〜あぶない 笑

 

 

3こめ、Consumer Behaviour..........resi?あ、Merit !! 笑

文字多すぎて読むところ間違えてた....笑良かったーー

 

っとまあ、順番に見ていくとですね、10個中 9 はどうにか合格でした!わぁーー涙

 

えー、1つは以前いったPolitical marketing のグループワークがしくった分 涙

レポートを再提出だそう。まあ、これはわかっていたことなのでよし。笑

先生の理論、レポートに盛り込むの忘れました....笑

 

人生完璧じゃないから味があります。失敗あるから、ネタとストーリーができます。

人生、上手くいかないから楽しいのです。と

 

無理やりポジティブに考え、ここは乗り切ります。

........はい、ただの1moduleこけたバカですが、

そんな時こそ心の余裕とタフさって大事ですね〜

 

てか、Brand managementのessayの結果は結局まだでした。笑 つまりBMの最終成績もまだー。

こちらもちょっぴり不安ですが、アドバイザー曰く、何もなかったから連絡来ないんだよーと気楽にいってもらえました。笑

そ、そうだといいけど、笑

 

.......まあ、どうにかなるっしょ!

一般的に、

海外大で勉強してる→すごい→優秀→成績良い

とリンクされることありますが、

 

必ずしもです。 笑

 

もちろん優秀な留学生は万といますし、All、AAのDistinctを狙う!とかいうのも良いと思います。 

 

ただ、やっぱり難しいですよね 笑 

みんながみんな"成功"なわけじゃない。AAの人もいればB、Cをとる人もいる。

 

海外までいって失敗したとか、成績悪い、A取れないとか周りにいうのも恥ずかしい!

自分は本当にバカだ、惨めやーーーって悩んだりする人もいると思うけど、大丈夫。

 

ここ、ここにも授業失敗した人いるから 笑

 

多くの留学ブログやSNSには成功例で溢れきってるけど、そこには私たちが計り知れない努力や、見えてない失敗ってあると思うんだ。

まあ、例えば、就活関連、人間関係、失恋、etc

 

そんなん、みんながこんな失敗あってこんな辛くて....etc って書いてったらこの

世の中愚痴っぽくて、ぶーぶーみんなが言う世界になっちゃう。

 

それに、人間てそんな強くないし、"あちゃー失敗しちゃった"って

笑っていえるひとなんて、Super Duper心がマッチョな人か、ちょっぴりおばかさんかしかいないでしょ。 

 

まあ私はどっちかというと後者の方に入る可能性が7割型ですが 笑

 

海外で頑張ってる一人の学生として、むうううーと悩んでるあなたが少しでも、

"まあ、気楽に行くか"となれば。

ならなくても、"こんな人もいるし成績ちょっと悪いくらいの私は、まだましか"、と思ってもらえれば。

 

私だってここに書けないくらいの大失敗は、山のようにあります.....笑

まあ、いつか書くかもだけど 笑

 

ということで、試験結果がわかりすこし安心 &失敗あっても大丈夫ー!ということをお伝えする回でした笑

 

卒論も地道に頑張りまするー!!

 

Chao !

 

 

 

東京の人気ホテル・旅館が最大50%OFF

 

ロンドンおすすめ勉強スポット

語学、学部、大学院留学問わず、

学生ならば通らねばならない道、集中できる場所探し。

 

学ぶ生徒と字のごとくロンドンの学生も例外ではありません。

 f:id:tubutubuanco:20170719145920j:image

※すみません、ここはオックスフォード w 

こんな図書館だったらいいよねー!涙

これ食堂たけど w

 

ただ、ロンドンといえば世界有数の大都市であり、観光客がわんさか。さらにそんな観光客を楽しませる誘惑の多い街。

 

外でぶらぶらしていると、あら、気がつけば夜10時なんてこともざら。

 

そこで今日はそんなロンドンでも比較的集中でき、電源Wi-Fiありのおすすめスポットを私の独断と偏見でご紹介〜 

 

私がお世話になった順からかな。

 

① おすすめ度 ★★★★

大学図書館 

 f:id:tubutubuanco:20170719145647j:image

 

なんだよーありきたり。

と思うかもしれないけど、Wi-Fiあり、電源あり、資料あり、安全性あり、食事もあり。こんな充実したところはないです。笑

 f:id:tubutubuanco:20170719145654j:image

それにお金払ってんでしょ!? 何百万払っておる大学から取れるもんはとっとかないと精神が意外と大人になると働くのです。大学の先生もいるしね、何かあったらオフィスにも行けるし飽きたらジムにも行けるし。

 

確かに、デメリットとしては3つ。

•席取れない

•友達とだべる可能性あり

•飽きてくる

 

•席取れない

はい、特にテスト中なんかもう9時には埋まってるからね。私も8時半には図書館いってお気に入りの席とってましたが、だんだんいつメンが分かってくるよね 笑 あのインド人はあそこ、この中国人は隣。ただ、テストも佳境にはいればその席取りも非常にcompetitiveに。

お気に入りが取られていた時のモチベダウンは計り知れません。

 

•友達とだべる可能性あり

もちろん大学なんだから友達もいます。友達とはまだいえないけど知り合いはわんさかいます。フラットメイトもクラスメイトとみんないます 笑 ここで、勉強の息抜きに廊下に出るかーとなると、

 

"Hey, Aiko how's it going? "

"Have you finished the essay yet?? " 

"How was the last exam?? "

 

....... いらん質問がどどんと飛んでくる 笑 

テストヤバ目だった…てか、まだエッセイ始めてない…オロオロ。なんてことがあります 笑 

 

それに、友達なんかと冬休み、春休み、どうするのー?テスト終わったら何スルー?なんてたわいもないおしゃべり、つまり、現実逃避しているとガチ目にやばいことになりかねません。笑 

 

私の友達は余裕こいてそんなおしゃべりしていたらコーヒーをPCにこぼしessayのデータがぶっ飛んだということがありました。笑

油断は禁物なのじゃ。

 

•飽きてくる

最後、飽きてくる。まぁ、人間なので飽きは誰にでもあります。ただ、毎日授業で通っている学校に、わざわざ休日に、何処ででもできるタスクをしにくる。何時間もいる。

、、飽きてきます。笑 みんな何やってんだー?→友達のInstagram or Facebook を見る→ 自分何やってんだー?となる 笑

 

もちろん勉強は孤独です。孤独でないと集中出来ませんからね 笑 ただ、周囲を変えることはできます。いつも同じ環境の大学図書館が嫌なら思い切ってカフェ行ってしまおう!

周りはがやがやしてるけど、集中しつつ、自分はそんながやがやの中にいるので、孤独は紛れやすいです。

ということで、次のおすすめスポットカフェ。

 

②おすすめ度★★★★ 

カフェ (Spitalfields marketのCosta)

おすすめ度は図書館と一緒 笑 

そして超 specificなカフェを紹介しました。笑

ここは私の寮、大学からも近いということもあって、ほぼ毎週通っていたといっても過言ではないくらい。なのでspecific に紹介させて下さい 笑 

 

f:id:tubutubuanco:20170718132717j:image

Costa Coffee
250 Bishopsgate, London EC2M 4AA イギリス
+44 20 7375 2029

 

ここ。BishopgateというLiverpool streetの近くにあるビジネス街にあるCosta。そしてここはOld spitalfields marketの隣でもある。近くのエリアはShoreditch。

 

そうなんです。家から近いだけでなく、色々な要素溢れるスポットに隣接している、、さらにWi-Fi電源あり。コーヒーうまし。

 

ここは、部屋、大学での勉強飽きたな、

今日はひとりになりたいなって時に来ていました。実は今回初めてrevealしちゃいますが、

私の集中且つリラックスできる秘密のスポットなんです。

 

こちらのCostaは3floorになっていて店内も明るく、ガラス張りなので外のビジネス街、マーケットの様子が見れます〜 

 

ロンドンのエリートビジネスマンをみながら勉強のモチベーションも上がるし、飽きてもマーケットぶらぶらできるし、美味しいお菓子とかも買えちゃうし…いいことずくめ!

 

何より駅からもまた、QMの私の寮からも近かったので結構ヘビーユーザーでした 笑笑 

 

③おすすめ度★★★ 
美術館&博物館 (Victria and Albert museumのカフェ)

f:id:tubutubuanco:20170719144912j:image 

はい、これはロンドンならではなのでは?

ロンドンの美術館、博物館は無料でみれる!

あんな有名芸術家か作家の作品が入場料無料で市民に広く公開されているのです!

 f:id:tubutubuanco:20170719144942j:image

むわぁあ、なんて文化度が高い国なんだ…!

 

その中で一番の私のおすすめはV&Aのカフェんぬ!笑

 f:id:tubutubuanco:20170719144923j:image

展示物が好きなだけでなく、落ち着く雰囲気、建物のデザイン、カフェのメニューまで全部好きっ!!

 f:id:tubutubuanco:20170719144935j:image

、、なんか高尚そうで勉強できなさそう??笑

 

 

ノンノン!この写真はカフェの広いホールですが、はじに壁にそって机がいくつか並べられたとこがあり(庭に面して)そこで意外と集中できるの!!Wi-Fiはもちろんにあるし、一番はじっこの席には電源もある。

 

適度に充電しなくても軽く2〜3時間勉強するならうってつけ。作品も観れるし、そのあと友達と待ち合わせしてお洒落にSouth Kensington でお茶もあり。

 

確かに、QMとは逆 笑 でも偶には気分転換に思いっきり西まで行っちゃったっていいのです。

ロンドン満喫しないと!笑 勉強しながらロンドン観光できちゃうここ。笑 

 

周辺にはNatural History Museum やHide Parkもあるし、勉強に気が滅入ったときの逃げ場に◎笑 

 

まぁ、結局は気合と切羽詰まった状況が集中力を上げるんですけどね 笑

ただ、上記にあげたような自分がホッと落ち着く、ここなら集中できるぞっと思えるような、ある意味パワースポットは持っておいて損はないと思います。

 

留学先で自分だけの特別な場所見つけちゃいましょ (: 

 

Chao! 

 

バタバタと完全帰国!

6月20日をもって完全帰国しました。

最後は寮の手続き、卒論ミーティング、北欧旅行と、ばたばただったけど、色んな友達に会って、バイバイして。

 

Miss you London...って

 

 

ならーーーん 笑笑!

 

結局、帰国間際まで、帰るのがわくわくでしょうがありませんでした!笑 

多くの仲の良い友達が日本で就職すること、それに私はやっぱり日本が好きだと気づいたこと、ロンドンは結構見尽くしたなお腹いっぱい、という気持ち、そして物価高い!!…etc

 

もろもろ、そんな気持ちから最初から最後までロンドンから帰りたくないって気持ちはあんまなかったな、、。

 

ただ一つの懸念は飛行機乗りたくないってことだけ。中国国際空港という激安便で、北京乗り換えしないといけないのが億劫だぜぇと思ってたくらいかな。あとジェットラグ。

 

私の時差ボケの酷さはおにです。2週間くらいひびく時あるので、今回はミニマムに抑えたい。

 

まぁ、そんなかんやで、友達に最後会う会う。

 

帰国日の最後のブランチ。きみ、ゆうちゃん、いえなちゃんと。

f:id:tubutubuanco:20170622124416j:image

ゆうちゃんは今年日本に就職しに、きみは来年から慶應に通う。いえなちゃんは家族でこっちに住んでるけど、12月に会えるのと、将来たぶん彼氏さんと一緒に日本に住むでしょ!と勝手な思い込み 笑 

 

続いて、アイスクリームフェスに一緒に行ったりょうことシン。

f:id:tubutubuanco:20170622125152j:image

 

りょうこは唯一の同じマスターで日本人の女子。あとSherren houseの仲間。色々大変な時も助けてもらったなぁ。このあと、海外インターンとか応募するらしい。でも東京で近くに住んでいるのでまた秋に帰国したら飲もうって言ってる!

 

シンは台湾からでこれからワーホリに応募するみたい。でも無類のディズニー好きで東京ディズニーランドよく来るからまた今年中には会える気がする 笑

 

f:id:tubutubuanco:20170622125606j:image

フラットメイト。左がZetで右がDiago

中国とコスタリカの留学生。2人ともよくキッチンでおしゃべりしたな。 就活や将来の不安を語り合った。あっという間だった1年もっと寮にいて遊べばよかったかな?

 

ちなみにDiagoはオネエでとっても可愛らしい 笑 2人ともとっても優秀だからこっちで就職をしてから3年くらいで本国に戻るそう。

 

なんやかんや会えそうだけどな。コスタリカはすごく行きたいと思ってるし!中国は今年の秋行くつもりだし会えそう!

 

f:id:tubutubuanco:20170622125930j:imagef:id:tubutubuanco:20170622130001j:imagef:id:tubutubuanco:20170622130016j:image

そして、クラスメートで一番仲良くなって遊んだ、きみ。来年から慶應の学生になるって日本に来るって決まってるからとっても嬉しすぎ。

ロンドンでもカフェ巡りしたけど、東京でも一緒に色々発掘しなきゃね!

 

f:id:tubutubuanco:20170622130236j:image

最後に寮をチェックアウトする時、写真を撮った。初めて着いた時も撮ったけど、物をどけたら、何も変わっていない。あの時と同じ。

 

まるで、私がいた時期なんてあったかしら?って言ってるくらいに平然としていた。この10ヶ月色んな人が出入りして、就活やテスト勉強や友達とのお泊りとか、色々見てきたはずの部屋。そんなの本当にあったのかな?ってくらい殺風景だった。

 

次の日にはクラスメートのWeiちゃんにこの部屋を引きつぎ。そんな風にこれからも色んな人をさらっと見送って行くんだ、この部屋は。

 

私のいた証でもこっそり残して行きたいなって思ったけど辞めておいた。

だってロンドンなんていつだって戻ってこれる。

 

街だって、この寮だって、部屋だって、ロンドンは、いつだって愛想は悪いけど、愛想が悪いなりに、"あれ、戻ってきたんだ"ってさらっと受け入れてくれる場所だから。

 

 

だから、Miss you, London

 

 

 

.....なんて、口が裂けてもいってたまるか。

 

 

でも…

Thank you, ありがとう、ロンドン。

 

f:id:tubutubuanco:20170622131324j:image

 

Chao. 

 

ノルウェー絶景を満喫できる!2つの絶景列車(ベルゲン鉄道とフロム鉄)

3日目!この日はノルウェー大移動の日。

オスロ〜ミュルダール〜フロム〜ソグネフィヨルド〜ボス〜ベルゲン

 

 f:id:tubutubuanco:20170804152613j:image

 

こーーんな大移動。電車やバスは未だにローカルなとこがあって分かりにくいノルウェーなので、今回は移動が楽なツアーチケットを購入。

 

Norway Travelのツアーで

2つの絶景列車、フィヨルド観光船、バスの移動代が込み込みのツアーチケット。

 

ツアーと聞くとみんなで移動感があるけど、これは全然そのようなツアーではなく、移動のセットチケット的な感覚。

 

みんなこれを買うから、時間帯がかぶった人はグループのように同じ時間に電車乗り換えがあったり、船乗ったり。

 

ある意味、時間とかもみんなが動いいてくれるので間違わないし、楽です。笑

 

日本の旅行会社経由で買えるのもあるけど、このサイトで直接購入が一番安いし良い◎

オスロなどの主要駅で直接チケット発券できるし、たまに電車の時間を当日の混雑状況に合わせて変えてくれるし。

 

ということで!

朝8時台のベルゲン鉄道で途中のフロム鉄道乗り換え地のミュルダールまで。

 f:id:tubutubuanco:20170804151105j:image

さすがちょっとお高めの電車チケット。車内は清潔・快適!

しかも、食堂車がついて紅茶、コーヒー、ココアが電車では飲み放題。

電源Wi-Fi使い放題です。

 

1st Classのチケットもあったけど、今回はStandardで。

全然快適 笑 値段は大きく変わりますが、車内で両者を見比べてもあまり差がなかったな。

 

ノルウェー留学をしていた友達におすすめしてもらったGo! Molgenというヨーグルト。と

f:id:tubutubuanco:20170804151028j:imagef:id:tubutubuanco:20170804151043j:image

オスロ駅のカフェベーカリーぽいとこのどでかシナモンロールを朝食に、出発!!

 

幸い晴れ!

窓が広いので、景色がすごくよく見えて

気持ちいーー!!

f:id:tubutubuanco:20170804151126j:image 

フィヨルド行くまでにこの電車の景色だけでも

めっちゃ良い観光になる〜

f:id:tubutubuanco:20170804151222j:image

ノルウェー大自然の中を風をきるように走り抜けるベルゲン鉄道。

 

最初は田園風景みたいな感じだったけど

 f:id:tubutubuanco:20170804151248j:image

 

徐々に山々が。

f:id:tubutubuanco:20170804151416j:image

f:id:tubutubuanco:20170804151233j:image 

あ、湖!!これもフィヨルドー?!

f:id:tubutubuanco:20170804151146j:image 

車内アナウンスで"右手に今度は有名な…"

と教えてくれるのでシャッターチャンスを逃すこともありません!やった!

 

食堂車には仕切りのない大きな窓。

ココアを飲みながら

ほぅっと、次々に変わる風景を眺めていました。

 f:id:tubutubuanco:20170804151156j:image

 

ノルウェーで、23歳の日本人娘が贅沢な列車に乗り、ココアを飲みながら、大自然の荘厳さに浸り、黄昏ている。

 

変に客観的に自分を考えてみたりして。

こんな風に自分に酔っちゃうのもわるくない。

 

そんなうちに、

あっという間に景色は

雪景色…!?? 

 f:id:tubutubuanco:20170804151501j:image

ちらちらと雪が残っているあの日本のよく見るアレじゃなくて。完全に銀世界!!山頂!笑

 

この列車なかなかレベル高い 笑

さっきまで自分に流れていたお洒落な気分は

アドベンチャー精神に一気に取って代わられる。

 

こんな人がいない銀世界で沢山の人が列車移動してる!

 

ここに取り残されたらどうなるんだろう??

 

そんなこんなで。

リアル世界の車窓からに感動してるうちに

 

ミュルダールに着〜

f:id:tubutubuanco:20170804151530j:image

ここではフラム鉄道に乗り換えです。 

 f:id:tubutubuanco:20170804151540j:image

スーツケースも移動移動。スタッフの方々が教えてくれるので乗り遅れたりしないのでご安心を。 

 

落ち着いたとこで写真ー!

なんかアルプスな世界。

 f:id:tubutubuanco:20170804151607j:imagef:id:tubutubuanco:20170804151752j:image

 

山上の駅って感じ。売ってるものもなんかアルプス。温かいスープやチーズトースト。なんかほっこり。

 f:id:tubutubuanco:20170804151620j:image

が、私たちはポテチを購入。

ちっこいポテチで400円って高。

 

f:id:tubutubuanco:20170804151635j:image

 

フラム鉄道がホームに着いたので走って席を取る。みんな必死。だってこの列車は山々を走る有名列車。ここからの景色は特集が組まれるほど美しくてフォトジェニックだそう。

 f:id:tubutubuanco:20170804151807j:image

みんな服やお菓子やらなにやらを投げて席をとろうとする勢いだから。ここはハングリー精神もりもりで行きましょう。

 

私たちは窓側ゲッチュ。やったー!

色々苦労があったが 笑 

 

感想として、 フラム鉄道はエンターテイメント性の高めな列車。笑

純粋に景色を楽しむにはベルゲン鉄道の方がいいな。笑

 

フラム鉄道の途中で有名な滝のスポットがあるのですが、アナウンスでみんな降ろされる。

 f:id:tubutubuanco:20170804151837j:image

ちなみに、滝の勢い!水しぶき!すごおおい!

だけじゃない。 笑 確かにすごく圧倒される滝だけど…

 

*ネタバレ注意

 

ん、あれなんか音聞こえる?

えでかくない音?

 

あ、山影に人が。

ええーー!なんか映画から出てきたスタントマンみたいな女の人が滝上で歌ってるー!!笑笑

 f:id:tubutubuanco:20170804151846j:image

明らかに自然スポットだと思い込んでいたところが、実はスピーカー装備のパフォーマンススポットだった 笑  

 

アナウンスでまたみんな電車に戻る。笑 

これなんだ 笑 今の何だった?

 

車内の人々も心なしかみんな

ほくそ笑んでる。これは確かに想像しなかった 笑

 f:id:tubutubuanco:20170804152030j:image

 f:id:tubutubuanco:20170804152212j:image

まぁこんな感じでトンネル通ったり、また遠くの滝が紹介されたりしてるうちにフラム着!!

 f:id:tubutubuanco:20170804151908j:image

 

フィヨルドの端っこだーー!!

大自然!!気持ちいい!

 f:id:tubutubuanco:20170804152151j:image

ここはレストランやパン屋さん、お土産やさん、博物館まであって、規模は小さいけどすこし休める場所。

 f:id:tubutubuanco:20170804152051j:imagef:id:tubutubuanco:20170804152132j:image

フィヨルドには大きな船が止まってる。

あれに乗るのかな?

 

f:id:tubutubuanco:20170804151923j:image

お昼は奥にあったレストランで。

私は寒かったのでクリームトマトスープを。

温まる。美味しい。今まで飲んだことのない味だけど、とてもほっこりするお味でした。

 

 f:id:tubutubuanco:20170804152009j:image

さてさて、もう少ししたら

フィヨルドツアー、一番の見どころ、

フィヨルドフェリー周遊!!

 

Chao ! 

 

 

 

オスロ雨降るけど満喫したDay (フグレンカフェ・オペラハウス・ムンクの叫び)

さてさて2日目。

今日もオスロなのです〜!

 

朝ごはんは市内のカフェで。

人気のコーヒーチェーンらしいぞ。

f:id:tubutubuanco:20170719163128j:image

 

そして店内お洒落。私の知るチェーンのクオリティを遥かに超えておる。

 f:id:tubutubuanco:20170719163134j:image

ソファとか鹿の角壁から出てたりこだわりありすぎ!

 f:id:tubutubuanco:20170719163146j:image

私はflat whiteとマフィン。グラノーラヨーグルトをシェア。

相方はチョコケーキとキャラメルラテ?です。

 

コーヒーはイギリスより薄めかな?ただチェーンでこのレベルはいいですねぇ〜

北欧のカフェのスタンダードの高さを知る。

 f:id:tubutubuanco:20170719163338j:image

なぜか◯×ゲームがあった。ぱちり。

 

f:id:tubutubuanco:20170719163627j:image

 

食後は海の方へ〜

やっぱり曇ってるよ〜 涙 

 f:id:tubutubuanco:20170719163704j:image

 港に面して様々なカンパニーが。

pwcのdeloitが見える。コンサルのビルディングがお洒落だ。

 

f:id:tubutubuanco:20170719163804j:image

戦争記念館的なのがあり、壁にはなかなか重めな歴史的なイベントが描かれていました。

最初はペイントストリートアートだと思ってぱちぱち写真をとってしまった…

 

f:id:tubutubuanco:20170719163909j:image

 

子供用?ちっちゃな赤い列車が走ってました。

スピードは私が追いかけられるくらい 笑 

 

どこを回ってるんだろー?

 

f:id:tubutubuanco:20170719164026j:image

 

その後、オスロの観光スポットでヒットするオペラハウスに登る登る。

 

ここからオスロ市内がのぞめるそうな。

曇りだけど。

 

斜めの白い石張りのオペラハウスはまさに撮影スポット。みんな思い思いの格好してモデルっぽく撮る。

 

f:id:tubutubuanco:20170719164418j:image

 

 クール〜足も長く見える。

ぱちぱち撮影会

 

f:id:tubutubuanco:20170719164635j:image

 

晴れてたらなぁーーそしてちと寒い

f:id:tubutubuanco:20170719164433j:image 

 

そんなこんなで、

ちょっと疲れたのでカフェたいむ。

ノルウェーで有名なフグレンです!

日本でも有名!去年代々木にできたばっかなんだって。

 

日本支店行ったことないけど、本店行きます。

本場モンはどんな味じゃあっ!

 と構えて、いざ。

f:id:tubutubuanco:20170719165259j:image

 ここだ。

 

学生集ってる感。なに話してんだろ?

 

f:id:tubutubuanco:20170719165331j:image

 む、内装は伝統的な薬屋?さんみたいな。私的イメージですが。木の温もり溢れる北欧の書斎っぽさもある。

 

どっちやねん。

こんなんです。

f:id:tubutubuanco:20170719165524j:image

 なぜか80'Sのデュークボックスが。

コンセプト…むむむ。

 

f:id:tubutubuanco:20170719165626j:image

 

暗いけど私の後ろには色気ある女性の方々の絵画が。

 

そしてトイレには

 

f:id:tubutubuanco:20170719173030j:image

 

花嫁観光船 w 

 

なんじゃこりゃ。w 

 

フグレンって北欧から来たすごい珈琲屋さんで高尚なイメージだったけど、意外とシュールなコンセプトを貫いてる。

 

これ、あれだ、高円寺とかにあるアウトローなカフェとか喫茶店な感じ。

 

ハードボイルド〜 

 

そんなこんなで、ゆっくりした後。

 

昨日近くまでいった美術館!

ここでは、

ムンクの叫び!これを見るためにノルウェーに来たと行っても過言ではない!  (嘘)

 

f:id:tubutubuanco:20170719173633j:image

…今回はトロールの舌目当てだけど笑

オスロいるならムンクが作成した、

叫びを拝もう。

 

 叫びだけだと思ってたら考える人もいた。

 f:id:tubutubuanco:20170719173412j:image

ふむふむふむ。考える人案外ミニマム。

可愛いサイズで考えておる。

 

2人で一番感動した絵を選びあいっこした。

 f:id:tubutubuanco:20170719173544j:image

私のこれ。なんかのどやかな雰囲気で。好き。

モネのようなはっきりとしない感じで描かれてるのが素敵だなぁ。

 

taguさんはこれ

f:id:tubutubuanco:20170719173847j:image

 おお。壮大な感じが良いそうな。

なんや、これ。私達がこれから

見に行くフィヨルドみたいだね。

 

確かに引き込まれる構図だなぁ!

 

お土産やさんも面白かった〜 

最新のデザインの雑貨もあったし

美術館のお土産ショップ地味に好きなのじゃ。

 

f:id:tubutubuanco:20170719174103j:image

 

ワイヤレスイヤホン。ミリタリー風。

 

続いてメイン通りを登って

王様のいるパレスへ。

 

f:id:tubutubuanco:20170719174751j:image

 

兵隊さんかっちょいい!絶対に笑えない24時。

どんなことしても笑わないのすごいな。

 

f:id:tubutubuanco:20170719174830j:image

 

パレスから見た街。まーすぐ行くと駅になる。

もうちょっといくと道沿いにお店がずらずら。

 

 

この後私たちもここ沿いのTGIFのFridaysに。

だってお洒落なテラス席あったし、

お昼食べてなかったので私ポテト食べたくなった。相方さんはハンバーガーを。

 

ノルウェーのフライデイズ。

ノルウェーでアメリカ感じて来た。

 f:id:tubutubuanco:20170719175053j:image

 

f:id:tubutubuanco:20170719175233j:image

ノルウェーのフライデイズ、日本みたいに可愛い女の子たちがいるんじゃなくて100%男の人だった 笑

 

グラス回してて盛大に割ってたし、なかなか豪快なフライデーズだったな。ノルウェーのワイルド達はここにバーガー喰らいに来るんだろう。もぐもぐ。ポテトちょっと味無かった 笑

 

その後、ホテルに戻り、お互いパソコンしたりゆっくりしてると、もう8時近く。

 

お腹が減ったし、なんかサーモンのグルメ検索してるとサーモン寿司が食べたくなった。

 

ホテルの前の明らかに日本人がやっていない

Sushi City Wokというとこで寿司と海藻サラダげっと。

 

f:id:tubutubuanco:20170719175512j:image

 

おそるおそるぱくり。

んんん!!美味しい!!

ネタが良いのかこれ?それとも疲れすぎて味覚が100%の受け入れ態勢になってるのか?

 

にしても、サーモン自体はほんとにフレッシュで美味しいよ!!お店になぜかPhoとかキムチまで売っちゃってるアジア全部扱ってるお店だったけどお寿司美味しい!笑 いける!笑

 

これに非常食として持って来たカップヌードルシーフードを解禁。

 

美味しいいー!お寿司食べながらカップヌードルを食べるという、絶妙な背徳感。

お寿司も美味しいしカップヌードルも美味しい。

 

なんやかんや日本の味が一番美味しんだ。

 

ノルウェーは物価がめちゃめちゃ高いので、

本日の夜は良い節約ご飯になりましたん。 

同じホテルの韓国人も韓国の辛めなカップヌードル食べてたな。

 

カップヌードルほんと発明やな。

 

明日は大移動だし、ゆっくり寝よう〜 

 

chao! 

 

東京の人気ホテル・旅館が最大50%OFF

大自然を感じるノルウェー横断旅行!オスロで初サーモン旨ディナー(ノルウェー・オスロ)

6月10-16日までtaguoとノルウェー旅行してきました!

 

f:id:tubutubuanco:20170622142020j:image

絶景と運動と美味しいシーフードの旅。

本当は他の国も行ったり、ロンドンも一緒に見たかったけど、旅の内容的に、色んな意味で留学を締めくくる、良い旅になったかなぁ。

 

7日間!オスロからベルゲン、フィヨルドトロールの舌まで、ノルウェー旅行したので結構ノルウェー制覇した感!笑 

 

旅の参考にしていただければ。

 

まずは1日目。

ノルウェーオスロで現地待ち合わせ。

私は午前ロンドン出発で、2時にオスロ着。

たぐおさんは、6時にオスロ着。

 

f:id:tubutubuanco:20170622143226j:image

ついたー!空港結構きれい。木のぬくもりを感じる〜さすが北欧だな。

 

f:id:tubutubuanco:20170622143259j:image

ただ、こっからが大変やった、、

税関めちゃ並ぶ。そしてスロームーブ。

1時間以上かかったな。EU民達がヨーロッパレーンでスタスタ通って行くのを横目で見ながらひたすら待つ。

 

やっとでた!疲れた!笑 

f:id:tubutubuanco:20170622143556j:image

すぐさま、市内行きの電車を購入。電車は2種類あって、NBLはお得。もう一つは2倍の値段!かかる時間はほぼ同じ。スケジュールを見て出発〜!ちなみに、チケットは買ってから何時間使えるってやつなので早めに買っちゃうと使えないことも。注意ですな。

 f:id:tubutubuanco:20170622143801j:image

ホームで。

Oslo Sまで。終点ではない模様。

ちなみに、電車内でWi-Fi繋げれる!やった!

 

一足先にオスロ着ー!曇っておるー!笑

f:id:tubutubuanco:20170622142544j:image

 

 一日目はCity Box Oslo というお得に泊まれて評価も高いお宿

ここは、Bergenにもあり価格の割に内装も綺麗でとってもおすすめ

 

Citybox Oslo

 

f:id:tubutubuanco:20170718115716j:image

内装はシンプルだけど、とっても快適〜

 

f:id:tubutubuanco:20170718115729j:image

なんとセルフチェックイン。あのアパにあるチェックイン・アウトの機械を使って勝手に鍵をゲット。フロントもありませーん。

 

まずは一人で街をぶらぶら。taguoさんが来るまでお先にオスロの予習です。

 

f:id:tubutubuanco:20170718115749j:image 

 

f:id:tubutubuanco:20170718120127j:image

 

ホテルは駅から徒歩5分。とっても良い立地。

駅にはショッピングモールが併設されてて後でtタグッチーを迎えにいく帰りにお土産かなんかかおうかな

f:id:tubutubuanco:20170718115857j:image

 

カフェも多いな〜こっちではKaffeと書くぽい。

 

f:id:tubutubuanco:20170718115953j:image

 

と、そうだそうだ私はSIMカードをアクティベイトさせなくてはならんのだ。

いろんなブログをチェックした結果、

 

"My call"というのが一番お得でギガ数も多め。駅から徒歩5分くらいの

My call shopが一番近くて簡単にsimゲットできる。

MyCall Shop | MyCall

 

SIMは無料。6時過ぎたらとある番号にiMessage送ればアクティベイトだそうな。

あら、すぐじゃないのね。笑

 

ということで、無事SIMゲットだし、

スタバでTaguoの駅到着を待ちます。at Oslo Central.

 

無事合流。

まずはホテルまで荷物を置きに戻り、ご飯!

 

お腹減ったよーだってもう8時過ぎ。

 

でも周り明る!!笑 6月から8月末まではほぼ白夜みたいなもんだそう。

このノルウェーstayでも確かに夜中の12時くらいまでうっすら明るかった...笑

 

とりあえず!Tripadviserで探しておいた、サーモンが食べられるノルウェー料理のお店に。

 

ここ。Eliasさん。国立美術館の隣にありましたん。

 

www.tripadvisor.jp

 

二人ともサーモン大好きなので、とりあえずサーモングリルのプレート1つ。

f:id:tubutubuanco:20170718115307j:image

 

とtaguo氏リコメンドのリゾット。

f:id:tubutubuanco:20170718115319j:image

 

どーーんやっぱり量が多い笑 2皿でちょうどかな。パンもつくし。

 f:id:tubutubuanco:20170718115331j:image

 f:id:tubutubuanco:20170718115355j:image

 

お店の人は日本が大好きなんだそう。

"Are you guys from Japan?"って。

 

せやで。

 

ノルウェーはあんまりアジア人がいないそう。そういえばいても、中国人か韓国人しか確かに見なかったな。

終始めちゃにこにこしてサービスしてくれました。美味しかった〜〜

 

帰りは街を適度にぶらぶらしながら帰宅。

f:id:tubutubuanco:20170718120005j:image

 

長い長いフライトで疲れたよね。

 

外はまだ明るいけど w ( 22:00 ) 今日は就寝です。

 

明日もオスロ観光〜!

 

chao.  zzz

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試験2つめ(Last) 終了と留学最大の危機!

f:id:tubutubuanco:20170524165309j:image

 

2つめの。そして最後の試験終わりました。。

こんな緑に囲まれたスポーツセンターでうけました。なんか中は体育館に席敷き詰めた感じ。

 

まあ、でもあっけなかったな。というかSeen Examだったので、出された課題に取り組んで臨んだので、試験時間より早く終えて出ちゃいました。 

 

f:id:tubutubuanco:20170524165521j:image

テスト前でそわそわしているクラスメートたち。

 

実は、このテストの前々日に大学側から衝撃的なメールがきて、この留学中1番2番くらいで危機になってました。笑 

 

私のbrand management の課題に提出したエッセイがまさかのplagiarism の容疑にかかってるとのこと。。ショックで、頭の中はとりあえず、"退学" "留年" "犯罪" "小保方さん"....

 

もう今回のテスト勉強どころじゃなくなりかけました。涙 

 

でも友達と話して相談しているうちに、あれ、でも何でひっかかるんだ?referenceもちゃんとしたし、もちろんparaphraseしっかり考えてしたし、plagiarism checkerだって2個使って用心深く行ってたのに。と疑問だらけ。

 

提出した課題を何回も読み込みこむこと、

早5回め。あ、1つ理由あるかも。

 

ブランドのケースのエッセイだったんですが、私はSnickersのあるキャンペーンを選び調査しました。が、そのキャンペーン名が長い!!まず、"You're not when you are hungry"というキャンペーンなのですが、もう丸々文ですよね 笑 私、これ、クオテーションマーク付けずに連呼してました。笑 

 

これは世界的に有名なキャンペーンだったので、もちろんネットにもうじゃうじゃこのキャンペーン名(というか文)あります。

 

とりあえず、向こうの結果を待つしかないです〜てか、教授に相談したところ、やっぱりこういうのに引っかかるのはアジア人が多いとのこと。

 

あんな口酸っぱーく言われてたのに、気をつけていなかったのがダメでしたね。

 

*6/22現在も結果来ません 笑

6月を過ぎるとバケーションになるイギリス大学の悪いところ.... 笑

なんやねん!

 

あ、ちなみに、おそらく原因判明 笑

 

以前提出したSnickersのエッセイで表現した箇所がダブっていたよう、つまりSelf plagiarism というもの…!? 自分で考えて書いたお気に入りの文なのに、そんなんあり!と驚きましたが、

そこが特に大学院では厳しくチェックされるよう…涙 ううー自分で何やってんだーと完全に気抜けていた自分にショックです。

 

とりあえずテスト結果もろもろ待つしかないっ!笑 どうにかなるでしょう!!

 

wish me luck !!!! 

 

Chao !